住宅ローン

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

住宅ローンを利用できる物件

住宅ローンは、その名の通り住宅を購入するためのローンです。

そのため、投資目的や事業用として不動産を購入するためには利用することができません。逆に言えば、住むための家を購入するのであれば、住宅ローンはどんな物件であっても利用できるのです。

お客さんから良く質問されるのは、中古物件の住宅ローンについてです。
中古戸建や中古マンションであっても、住むために購入するのであれば、住宅ローンを利用することができます。注意点としては、中古物件の場合あまり古いと住宅ローンを組むことができる期間が短くなることがあります。築40年の中古マンションを購入するのに、35年期間の住宅ローンはまず間違いなく組めませんのでご注意ください。

では、建物が建っていない土地だけを購入する場合には住宅ローンを利用できるでしょうか。

家を建てて住むために購入する土地の代金であれば、住宅ローンの利用が可能です。けれども、土地だけを買って、駐車場として利用しよう、という場合には住宅ローンの審査は通りません。

土地を購入して、2年後に建物を建てて住もうと思っているけれども、その間だけ一時的に駐車場として利用したい、という場合はどうでしょうか。

土地代金を住宅ローンでまかなう場合、たいていの銀行は2年、ないし1年以内に建物を建築することを条件に融資を行います。約束どおり2年後に建物を建築さえすれば、その間にどんな使い方をしていても基本的には文句は言われません。けれども、駐車場として貸し出し、収益を上げている事実が銀行側に知れた場合、ローンの全額返済を迫られる可能性が高いでしょう。

1階部分は店舗として利用して、2階以上を住まいとして使う家の購入の場合はどうでしょうか。

このような物件は、店舗付住宅といわれます。銀行によっては、住宅ローンの対象外というところもありますが、基本的には住むための家の一種として住宅ローンの利用が可能です。ただし、店舗部分の面積と居住部分の面積に制限があることがほとんどですので注意が必要です。

最近増えている土地は借地、建物は分譲という物件の場合はどうでしょうか。

家である限り、住むためのものですので住宅ローンの利用が可能です。ただ、中古の定期借地権の物件の場合、物件の担保評価が低くなることが多いため、購入価格の6割から7割程度の融資金額になります。

住むための物件であれば、種類を問わず住宅ローンは利用できますが、物件によって利用するための条件や借り入れ条件が違ってくる、というわけです。不動産屋一つとして同じものがなく、完璧な商品というものはありえません。不動産業者であっても、出会った物件ごとに判断するしかありませんので、事前に住宅ローン借り入れ時の条件を説明しなかった、といって仲介担当者を責めないでいただけるとありがたいものです…。

スポンサード リンク
?住宅ローンコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.