住宅ローン

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

住宅ローンの種類(公的/民間)

住宅ローンは大きくその種類を分けると公的融資と民間融資の2種類で考えることができます。

公的融資の代表格は、住宅金融支援機構です。
2007年より住宅金融公庫に代わる機関として誕生した住宅金融支援機構ですが、便宜上公庫と呼んでしまうことも実はありました。厳密には違うのですが、住宅ローンの不動産実務上では、公庫と同種のものであるためです。

対して民間融資は、一般的な民間銀行や信用金庫、信用組合や労金、JAやノンバンク、最近ではインターネット銀行が提供する住宅ローンまで実にさまざまです。以前は公的融資は門戸の広さというメリットから良く利用していました。

けれども最近では民間融資の方を良く利用します。これは、民間融資の方が種類が豊富になってきたためです。公的融資のメリットであった門戸の広さをカバーできるほど、民間融資の種類も増えてきました。

また、民間融資の場合、不動産仲介担当者が銀行窓口の担当者と直接やり取りできるため、スムーズに対応しやすいというメリットもあります

公的融資には公庫以外にも年金住宅融資や財形住宅融資、各自治体が行う自治体融資といった種類があります。ただし正直に申し上げて、個人のお客様に対して公庫以外の公的融資を使ったことがありません。手続きが煩雑になること、融資実行まで非常に時間がかかることが理由です

公庫以外の公的融資にもそれぞれにメリットがありますが、現在では同じメリットのある民間融資を探すことが容易であり、民間融資の方がよりメリットが大きな場合が多いからです。

公的融資と民間融資のどちらに分類したらよいのか微妙なものとして、勤務先から住宅取得時の資金を借り入れる社内融資というものがあります。

勤務先で財形貯蓄をされているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。社内融資の場合、住宅ローンのように審査をすることなく確実に借り入れることができるのがメリットです。ただ、通常の住宅ローン手続きは不動産仲介担当者が代行することもできるのですが、社内融資の場合はお客様本人にすべて手続きを行っていただかなければなりません。

また、一応社内担当者の方にも守秘義務は存在するとはいえ、勤務先の人に自分の懐事情まで全部知られてしまうのは嫌だ、という方もいらっしゃいます。社内融資と同じ程度の条件で借り入れできる民間融資がたいていの場合ありますので、住宅ローンの種類を限定することなく探されることをお勧めします。

スポンサード リンク
?住宅ローンコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.