住宅ローン

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

買い換えローンとは

今の住まいが手狭になってきたのでもっと広いところに引っ越したい、マンションから戸建への買い替えを検討している、転勤になったので移転先で新しい住まいを買いたい・・・などなど新居を検討される理由は様々あるかと思います。

現在住宅ローンをお持ちの方が、別の物件を購入する際に利用していただく住宅ローンを買い替えローンと呼んでいます。買い替え、買換え、など表記が銀行によって違いますが、現在の住宅ローンを返済してもう一度住宅ローンを組む場合に利用していただくものは同定義で扱っています。

買換えローンでは、新しく購入する物件の費用と合わせて、現所有物件の住宅ローン返済費用も融資してくれることが特徴なのです。

不動産価格の下落が激しい昨今、現所有物件の売却金額よりも住宅ローンの金額の方が多いという方も多くいらっしゃいます。この売却金額と現在の住宅ローンの差額を売却損といいます。買換えローンでは売却損を新たに購入する物件の住宅ローンとして組み込むことができるのです。

買換えローンを検討する場合、現所有の自宅の売却スケジュールを立てたり、売却予想金額を査定したりといった手続きが必要になるため、不動産業者の協力が必須になります。現在返済中の住宅ローンの返済と、新しく組む住宅ローンの手配が必要になるため、できることなら売却を依頼される不動産業者と新居購入の不動産担当者が同じである方が手続きがスムーズにできるでしょう

とはいえ、あまりそういった事情をお客さんの方はご存じないため、売却は売却、購入は購入と動かれる方も多く、知らず知らず混乱を深め、手続きを煩雑にしている方もいらっしゃいます。不動産屋としても、顧客の事情よりも成績や物件の事情を優先して、売却と購入を別々にすることが多いという内情があったりします。

買換えローンをスムーズに進めるためには、売却の予定を立てたり、買換え物件を探したりすることと合わせて、売却と購入の両方を任せることができる信頼できる不動産業者を探しておかれることをお勧めします。

スポンサード リンク
?住宅ローンコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.