住宅ローン

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

リフォーム済物件と住宅ローン

安い中古物件を購入して、自分でリフォームしたい、というお客様が増えてきました。けれども、残念なことに希望通りのリフォームローンを借りることができなったという方もいらっしゃいます。無担保ローンタイプのリフォームローンを利用される場合、融資側は借り手の信用力について住宅ローンよりも厳しい審査を行うためです。

そんな場合には、リフォーム済みの中古物件を検討されてはいかがでしょうか。企業が中古物件を買い取り、リフォームを施して不動産価値を高めた上で再度販売されている物件があります。リノベーション、という言葉で表現されることが増えてきたようです。

たとえば、個人の方が1000万円の物件を購入して、1000万円のリフォームを予定して、リフォームローンを含めて合計2000万円のローンを組もうとしたとします。このような場合、借り手の資金状況や融資先によっては、融資を否認される場合があります。

さてここで、リノベーション物件として2000万円で売り出されている物件を、2000万円で購入したとしましょう。2000万円の物件購入のために、2000万円の住宅ローンを借り入れる場合、上記の例よりもローンの審査が通りやすくなります。また、後述の場合、2000万円の住宅ローンに対して、住宅ローン控除を確実に利用することが出来ます

リフォーム済み物件の住宅ローンが通りやすくなった背景には、質の高い中古住宅の流通を後押ししようという不動産政策の存在があるといえるでしょう。

ただし、一点注意点があります。
リフォーム済み物件の販売価格は、売り出している企業が任意で価格を設定しています。たいていは、リフォーム前の物件価格とリフォーム費用から算出していますが、中には担保評価よりも不当に高額な価格設定を行っている場合があるのです。

たとえばもともと1500万円が相場の物件に500万円のリフォームを施した物件を3000万円で販売していたとしましょう。どう考えても2000万円前後の資産評価にしかならない物件に対して、融資先は3000万円もの住宅ローンを貸してくれるものでしょうか。もちろん拒否されます。

スポンサード リンク
?住宅ローンコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.