住宅ローン

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

フラット35のメリット

フラット35のメリットは、なんと言っても完全固定金利である点でしょう。

公庫の金利でさえ段階的に上がっていくものでしたし、低金利を利用するためには厳しい審査基準が設けられていました。フラット35では融資審査さえ通れば誰でも長期固定金利が適用されます。

さらに、利用する民間金融機関によって設定している金利は異なっていますので、より低金利の機関を探したり、比較検討したりすることができます。

民間融資でも長期固定、あるいは超長期固定という名前で20年固定や30年固定といった商品は登場してはいますが、適用金利はフラット35の方が総じて低金利の設定になっているようです。(平成20年4月現在)

最長で35年間、ずっと固定金利が適用されるというのはフラット35の大きな魅力です。変動金利や短期固定に比べると、フラット35であっても金利額は高くなっていますが、金利変動の不安から開放されるのは大きな安心感があります。また、居住費が変わらないことで、ライフプランにおける資金計画が立てやすくなるというのも大きなメリットの一つではないでしょうか

フラット35のメリットは完全固定金利だけではありません。公庫に比べて、手続きが簡易になり、個人の方が利用しやすい制度になりました。民間金融機関が窓口になっていますので、利用者の利便性に合わせて申し込み窓口を自由に選ぶことができます。民間融資とフラット35の併用をお考えの方の場合は、特に利便性が上がったといえるでしょう。

そして、フラット35は民間融資に比べて諸費用を安く上げることができるといわれています。これは、フラット35の借り入れ時には保証料がかからず、繰り上げ返済手数料もかからないためです。

民間融資の場合、35年期間借り入れ、元利金等返済で借り入れする場合、100万円あたり2万円強の保証料が必要になります。3000万円の借り入れであれば、30×2=60で、少なくとも保証料だけで60万円以上の諸費用が必要であると概算できます。あるいは、借り入れ金利に0.2%を上乗せして保証料を支払っていく、内枠方式という保証料の支払い方法を選択できる銀行もあります。

ただ、近年は民間融資の中にも一定条件に当てはまるのであれば保証料をカットする優遇制度を打ち出すところがでてきました。また、繰上げ返済手数料に関してもインターネットバンクを利用したり、回数や返済時期をあらかじめ決めることで手数料がかからないようにしている民間融資もあります。

諸費用に関しては一概には言えませんが、いまのところ長期固定金利はフラット35独自の大きなメリットと言えるでしょう。

スポンサード リンク
?住宅ローンコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.