住宅ローン

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

フラット35とすまい・るパッケージ

フラット35と合わせて、知っていただきたい商品にすまい・るパッケージという住宅ローン商品があります。すまい・るパッケージは、住宅金融支援機構と民間金融機関が協調して提供する住宅ローンになります。

ここでフラット35とどう違うのか、と思われる方もいらっしゃることでしょう。

フラット35は、個人に対して融資を行うのはあくまで民間金融機関のみになります。住宅金融支援機構は、ローン債権を買い取ることで民間金融機関をバックアップするだけで融資の表にはでてきません。対して、すまい・るパッケージは、個人に対して住宅金融支援機構と民間金融機関がそれぞれ個人に対して融資を行います。

機構が融資する長期固定金利の安心と、金利の安い変動金利を含む幅広い選択肢から選ぶことができるという民間融資のメリットを一体化した商品といえるでしょう。機構と民間金融機関の2つから融資を受けることになりますが、申し込み等は同時に申し込むことになります。

民間金融機関での審査は、機構での融資基準と一体で審査を行い、同時に融資決定されます。そのため、申請書類の無駄もなく、手続きも一回で済む点は非常に利用しやすい点ではないでしょうか。

またすまい・るパッケージでは、購入物件価格の9割まで融資を受けることができます。購入物件価格の8割までしか融資を受けることができないフラット35よりも、自己資金や頭金が少なくとも大丈夫、というのも人によっては大きなメリットになることでしょう。

すまい・るパッケージでは民間金融機関が住宅融資保険をかけています。そのためフラット35と同様に、保証料や繰上げ返済手数料は不要になります。借り入れ金の全額に対して固定金利を適用するのは支払いが大変だけれども、固定金利の安心感はほしい、という方も多いことでしょう。

実際、まだまだ変動金利や短期固定金利の値を見ていると、高い長期固定金利に確定してしまうのはもったいないと思います。そんなときは、長期固定金利と、金利の安さで調整できるすまい・るパッケージをお勧めします。

スポンサード リンク
?住宅ローンコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.