住宅ローン

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

Point1.返済比率

住宅ローンの審査基準は、利用する融資先によって異なっています。けれども、大枠として返済比率という審査基準があることをまず知っておくことが住宅ローン攻略の第一歩です。

返済比率とは、年収に占める住宅ローンの割合を示したものです。

フラット35を例にとってみてみましょう。

フラット35では、年収400万円以上の方の場合、返済比率が35%以下と定められています。年収500万円の人であれば、ローンの年間年間返済金額がが500万円×35%=175万円に収まるまでの金額であれば、融資を受けることが可能です。175万円を12ヶ月で割ると、基準になる月々の返済金額を知ることができます。例の場合であれば、月々金145,833円です。

さて、ここでさらにもう一つの審査基準があることをご存知でしょうか。審査金利といわれる審査基準です。

実際に借り入れする際に適用される金利ではなく、あくまでローンの審査上で返済比率に合うかどうかを判断するための金利のことを言います。

この審査金利が、窓口になる各機関によって異なるために、同じ人が同じ条件で住宅ローンの審査を申し込んだのに、ある銀行では審査に落ち、ある銀行では審査が通る、という結果の違いを生むことになってしまうのです。

審査金利の基準が高い場合は審査が通りにくくなり、審査金利の基準が低い場合は審査が通りやすくなるという違いをご理解いただけるでしょうか。

審査金利を4%に設定して審査した場合、前述の例でいけば約3300万円までの借り入れが可能である、という審査結果がくることでしょう。審査金利を3%に設定した審査した場合なら、約3780万円までの借り入れが可能という審査結果になります。

年収500万円で他の借り入れも特になく、3700万円の住宅ローンを組みたい、と希望される場合は、必然的に利用する融資先は審査金利が3%のところになります。けれども、借り入れ希望額が3000万円でよい、とお考えの方の場合は、審査金利が4%のところでも3%のところでも、審査は通ります。

金利優遇の条件や、保証料や繰上げ返済手数料といった諸条件を考慮して借り入れ先を選択することが可能になります。年収に対して、借り入れ希望額が過剰な金額なのか、それともどのような融資先でも審査が通りやすいラインなのかという目安を持つことで、住宅ローンの選択肢が広がるのではないでしょうか。

スポンサード リンク
?住宅ローンコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.