住宅ローン

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

審査に落ちやすい人

収入さえあれば、住宅ローン審査は通ると思われる方も多いことでしょう。けれども、現実は違います。

例えば、年収1000万円のとある事業主様でも住宅ローン審査に落ちたことがありました

住宅ローンの審査では、「安定した」収入があること、という点が重視されます。融資側は、住宅ローンの借主がきちんと返済してくれる人物か、職業か、といった点を審査しているのです。

審査に落ちやすい人は、こういった融資側の基準で見た際に疑いを持たれてしまう要素がある人、といえるでしょう。例えば、過去にクレジットカードや何かのローンの借り入れで滞納したことがある人は審査に落ちやすくなります。過去に滞納したことがあるのであれば、住宅ローンの返済でもやるかもしれない、と思われてしまうわけです。

個人のローンやクレジットカード等の取引履歴は、個人信用情報機関に保管されており、一定期間情報が残っています。住宅ローンの審査を申し込むとき、必ず個人情報開示についての同意書という書面を取られ、住宅ローンの審査で過去の取引履歴が照会されることになります。

また、勤務年数が短いと、定職についていないのではないかと思われて、同じく審査が通りにくくなります。安定した収入を得ることが重視される住宅ローン審査では、安定した職業であるほど心証が良くなります。そのため、失業する可能性が低い教職や公務員といった職業は属性が良いといわれ、住宅ローン審査が通りやすいことにつながりました。

収入金額自体を見ると、非常に高収入だけれども、固定給が少なく、歩合給が少ないという収入内訳の場合も、実は住宅ローン審査が通りにくくなります。歩合給の部分は、いつなくなるかわからない不安定な収入であるため、安定性にかけると判断されてしまう場合があるのです。このため、アルバイトやフリーターの方が住宅ローンを組むことはきわめて難しくなっています。

ちなみに、不動産の仲介担当者の多くは歩合給です。例に漏れず私自身も固定給と歩合給という給与内訳になっています。自身のマンション購入時には無事、希望通りで住宅ローン審査結果となりましたが、歩合給部分についてローンの審査部門の方から辛口のコメントを頂いたことを追記しておきましょう。

また、きちんと納税を行っていない人も住宅ローン審査は通りません。一社会人として、義務を果たすことができる人柄、収入という判断から、納税義務を果たしているかどうかも住宅ローン審査の対象項目になっています。

スポンサード リンク
?住宅ローンコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.