住宅ローン

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

転職して3ヶ月の人

勤続年数に関しては、明確な審査基準を持っているところと特に明示していないところに分かれています。3年以上、1年以上、明示した勤務年数なし、といったところでしょうか。

けれども、現実的にはあまりに勤務年数が短い場合は、住宅ローン審査の土台自体に乗らない場合もありました。住宅ローン審査の基本的な勤務年数は、1年間といわれます。これは、年収額を正確に算出することができるためです。

さて、そんな大前提からちょっと外れていても、住宅ローン審査には通るという具体例をあげてみましょう。

いつか不動産を購入しよう、と漠然と考えられている方は多いと思いますが、いつまでに必ず購入し、そのためにどうすればよいかを具体的に決めて毎日を過ごすことが出来る方は少ないと思います。転職して3ヶ月目のA様もそうでした。

探し始めてすぐに気に入った物件に出会えるとは思っていなかったために、まずは不動産購入の準備のために年収をアップしようと転職されたばかりでした。勤続3ヶ月、という情報だけを聞いていたら、たいていの融資先はローン審査を通すのは難しいと返答することでしょう。

住宅ローン審査を通すために、勤続3ヶ月という条件でも安定した収入を得ることができると証明できる別の材料を集めました。まず、ただの転職ではなく、ヘッドハンティングという形であったことをローン申し込み時の情報として付け加えました。さらに、勤続3ヶ月の仕事の方が前職よりも年収がアップすることを証明しました。3か月分の給与明細を審査書類に添付し、予想年収額が前年度年収よりも高くなることを証明したのです。

また、勤務先が変わっていますが、A様は経理職という一貫した職業につかれていた事も住宅ローン審査を通すための後押し材料になりました。

通常であれば、転職3ヶ月目というだけで住宅ローン審査自体を拒否されることも考えていましたが、以上のような追加情報によってA様は無事希望通りの住宅ローン審査に通ることができたのです。

スポンサード リンク
?住宅ローンコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.