住宅ローン

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

確定申告が2年しかない自営業の方

収入の安定性という審査基準が重視される住宅ローン審査において、自営業者の方は属性が悪いといわれてしまいがちです。

そのため自営業者の方の住宅ローン審査では、原則として3期分の確定申告書が必要になります。少なくとも3年間は事業が継続しており、さらに収入の変動率を審査することが目的といわれています。

さて、そんな原則の中で、B様は住宅ローン審査に提出できる確定申告書が2期分しかそろいませんでした。審査に提出できる、とはどういうことかといえば、実は1期分の確定申告書では赤字申告が出ていたため、2期分しか住宅ローン審査では使うことが出来なかったのです

確定申告書3期分がそろっていても、赤字申告をされていた場合、まず住宅ローン審査には落ちることでしょう。融資側としては、赤字申告になるような経営状況では融資できない、と判断するためです。

自営業者の方の場合、事業資金確保のために、わざと確定申告上は赤字決算にされる方もあるかと思います。けれども、近々住宅ローンを申し込まれる予定がある場合は致命傷になる、ということはご配慮下さい。

B様も実際の経営状態は大変健全でいらっしゃいました。そこで、確定申告書以外の方法で住宅ローン審査をしてくれる金融機関をまず探しました。結果、現在お住まい中の賃貸住宅の毎月の賃料をいくらぐらい払われているのか、自己資金額を考慮のうえで審査してくれる民間銀行を見つけることが出来ました。

B様は、購入物件価格の約3割に近い自己資金をお持ちでした。また、毎月15万円近い賃料を支払う賃貸住宅に3年間お住まいという方でした。銀行側は上記2点から、借り入れ希望額の住宅ローンの返済は十分できると判断してくれ、無事住宅ローン審査を通してくれたのです。

住宅ローンが不安だと言われる自営業者の方は多くいらっしゃいます。けれども、経営状態の実情が健全であることを証明でき、また柔軟な審査方法を持っている金融機関を見つけることが出来れば、住宅ローン審査はきちんと通りますのでご安心下さい。

とはいえ、確定申告書上で経営状態、収入状況を証明できるならばそれに越したことはありませんのであしからず。余談ですが、自営業者の方の中にはついつい納税を忘れていた、という方がいらっしゃるようです。自動的に給与から差し引かれる会社員の方と違い、みずから納税手続きをしなければ成らない自営業者の方ならではと思います。

面倒かもしれませんが、住宅ローンを借りていただくためには納税証明の提出も欠かせませんので、どうか忘れずに確定申告をお願いしたいところです。

スポンサード リンク
?住宅ローンコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.