住宅ローン

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

入籍前に住宅ローンを組みたいカップル

不動産購入の動機は人それぞれです。ご結婚を機に不動産屋に来てくださる方も多くいらっしゃいます。感覚的に購入動機の上位3位に入るのではないでしょうか。

最近は共働きの方も増え、購入は夫婦共有名義で考えているという方も多くなりました。ただ、ご夫婦が連帯保証人になる場合や、ご夫婦それぞれが住宅ローンを組んで購入する場合、一点難しい問題が発生します。

入籍前のカップルは、書類上は苗字も違いますし、住所も違いますので、人間関係の関連性を証明することができません。つまり、まったく赤の他人同士が住宅ローンを組むと思われてしまうのです。赤の他人同士では、もしかしたら購入後家に住まないかもしれないと判断されてしまいます。それでは、住宅ローン審査は通りません

そのため、一般的な住宅ローンでは融資実行までに入籍を済ませることが審査を通す条件として提示されます。C様とD様はごく一般的な恋人同士でいらっしゃいましたが、さまざまな理由からどうしても先に入籍することができませんでした。それならば、ご主人様であるC様だけの名義で住宅ローンを組もう、という方法も検討しました。けれども、それですとどうしてもご希望金額のローン承認がおりず、どうしても奥様であるD様との収入合算が必要だったのです。

収入合算をして住宅ローンを組む場合、ご夫婦ともに住宅ローンの返済義務を負う形でローンを組むことになります。
ですから、C様とD様が結婚して購入物件に今後同居する、という証明が必要であり、融資実行前の入籍手続きが必須となりました。

さて、入籍前のカップルが住宅ローン審査を通るためにはどうしたらよいのでしょうか。

入籍に変えて、婚約証明書、という書類を作成しました。

C様D様それぞれのご両親に署名捺印を頂き、確かに二人が結婚することを証明したのです。また、ローン実行前に結婚式場の予約をしていただき、その書類も住宅ローン審査申込書として使いました。民間銀行の住宅ローンでしたが、それらの書類によって、実際の入籍前に住宅ローン審査を希望通り通すことができたのです。

非常に残念なことに、そこまでしてローンを通したC様とD様ですが、実は住宅ローンの融資実行前に破談になりました。購入契約は手付金放棄で契約解除となり、住宅ローンに関しては融資申込書の停止手続きを行いました。人生ってわからないものです。

ちなみに仲介手数料は成功報酬ですので、購入契約の成立をもって一連の仕事を終えたことになります。手付け解除をしても契約は一旦成立しているため、仲介手数料は頂戴することになるのが一般的です。

スポンサード リンク
?住宅ローンコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.