住宅ローン

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

血糖値異常があった方

住宅ローンを借りるためには、必ず加入しなければならない保険が2つあります。火災保険と団体生命信用保険です。

団体生命信用保険に関しては、住宅ローンの債務者に万が一のことがあった場合ご家族を守るという側面もありますが、住宅ローンの融資側にとっては貸し倒れのリスクを軽減するという意味を持っています。

民間融資の場合、団信は強制加入となっています。強制加入であるために、団信の保険料は金利に含む形で徴収するようになっているのです。

生命保険である団信には一般的な生命保険と同様の加入条件があることをご存知でしょうか

健康に不安のある方を鞭打つような話で恐縮ですが、尿酸値が高い、高血圧、血糖値が高いといった症状をお持ちの方は、団信加入ができないために住宅ローン審査に落ちることがあります

30歳、お子様二人をお持ちのE様は、会社の健康診断時に腎臓の異常と血糖値の高さを指摘されていました。団信が不安だった私は、住宅ローンの申し込み前に団信に関する審査だけを先行して行っていただくことをお勧めしました。結果、検討していた民間銀行の住宅ローンに付随する団信の審査が通らず、住宅ローン審査自体が出来ないかもしれないといわれてしまったのです。

血糖値の高さは糖尿病につながるため、団信審査が厳しくなってしまいます。健康診断上では確かに不安要素が高いE様でしたが、日常生活にはまったく問題のない、非常に元気な方でした。また、勤続も10年近くあり、仕事をするにはなんら支障のない方だったのです。

そこで、ご勤務先の嘱託医師にE様の病状について詳細な診断書を作っていただきました。診断書に細かな病状を記載していただき、職務上はなんら問題ないことを証明したのです。また、E様はすでに加入されている生命保険がおありでしたので、加入している生命保険会社と同じ系列の団信を利用している住宅ローンを探しました。そこに診断書をつけた上で住宅ローンの申し込みをしたのです。

結果、一度は団信が否認されたために住宅ローンが落ちたE様でしたが、無事希望通りの金額で住宅ローンを利用していただくことができました。

スポンサード リンク
?住宅ローンコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.