住宅ローン

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

住宅ローン攻略のための材料

住宅ローン攻略のためには、まず住宅ローン審査の原則を知ることが必要でしょう。

原則に照らした場合、ご自身が不安だと思われる点を知ることができます。その上で、ご自身の弱点になる審査基準について柔軟な対応をしてくれる機関を探します。

各金融機関によって少しずつ審査基準が異なっていますし、金融機関側も金利動向や社会情勢に合わせて細かく審査基準を変化されています。1年前はローン審査に落ちたという方でも、今月からの審査基準に照らせば住宅ローン審査に通る、という場合もあります。

原則を知っていると、弱点と共に自分が持っている有利な点もご理解いただけるのではないでしょうか。

各金融機関は、それぞれに得意な顧客層というものを意識して住宅ローン商品を開発してきました。自分が持っている有利な点を優良顧客として見てくれる金融機関を見つけることが出来たら、審査が通りやすくなるだけでなく、より有利な条件でのローン借り入れが可能になるのではないでしょうか。

では、住宅ローンに有利に働く点をいくつか列挙してみましょう。

まず、属性が優良な方は住宅ローン審査が通りやすく、有利な融資条件を獲得できる確率が高くなります。例えば、公務員の方や教職の方です。教師として勤務していなくとも、教員免許をお持ちの方は住宅ローン審査に有利に働きます。保育士資格や養護教諭、看護師の資格も同様です。これは、資格の利用度が高く、職業にあぶれにくいという判断が加えられるからと思われます。

住宅ローン審査を後押ししてくれる資格として、調理師免許も有効でしょう。勤務先が大企業であったり、一部上場企業であったりする場合、金融機関が提携して審査が通りやすい住宅ローンを扱っている場合もあります。提携ローンの形をとっていなくとも、名の知れた企業に勤務されていると、会社の信用力も住宅ローン審査に有利に働きます

商品の中には、保証金無料や特別金利優遇枠を設けているところも最近は出てきました。

近年は転職によるスキルアップなどが一般化して、転職される方も増えてきました。転職されている場合でも、前職よりも年収がアップしていることを証明できれば、住宅ローン審査では特に問題になりません。ヘッドハンティングによる転職だったり、前職と現職に職務上のつながりがあったりすると、住宅ローン審査の攻略材料になります。例えば、経理や人事といった事務職、システム開発などの特定専門職の場合です。

無理をして組む住宅ローンの審査には落ちやすいですが、健全な家計状況の上で予定される住宅ローンは落ちにくいものです。返済能力以上の借り入れ希望である、以外の理由で住宅ローン審査に落ちた場合は必ず攻略方法を探すことができます。

住宅ローン審査攻略を考えることができないのは、数年以内に破産を経験されている方、無職の方くらいのものではないでしょうか。

スポンサード リンク
?住宅ローンコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.