住宅ローン

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

借り換えて得する人・損する人

借り換えのメリットとして、金利の安い住宅ローンに乗り換えることで月々の支払い金額が減る可能性があることがあげられます。けれども、金利の安いローンに借り換えするだけで誰でも得をするというわけではありません。

住宅ローンの借り換えをすると、再度ローンを組むための諸費用がかかります。借り換え時にかかる諸費用としては、ローン契約書に貼る印紙代、再度の抵当権設定費用(司法書士への手数料)、現住宅ローンの繰りあげ返済手数料、保証料などが考えられるでしょう。民間金融機関で2,000万円の借り換えローンを組んだ場合、借り換えコストとして80万円近い費用が必要になると考えられます。

ですから金利だけを見比べて、借り換えて得だとは一概にはいえないのです。

借り換えて浮く金額×支払い回数-借り換えコスト、という金額を見たうえで、実際にどのくらいメリットがでるのかを考えられることをお勧めします。借り換えコストが、金利差額を上回る場合は、借り換えで返って損になる人もいることでしょう。

ちなみに、火災保険に関しては、同一物件に対して掛けている保険を引き継ぐという手続きができますので、再度保険料を支払う必要はありません。中には保険会社に関しても乗り換えを検討したり、借り換えのタイミングに合わせて、火災保険に地震保険や家財保険を付帯するなどして再度火災保険を掛けなおす方もいらっしゃいます。

ともかく、借り換えの際には火災保険の申し込み先へのご連絡をお忘れなく。

また、今の住宅ローンを金利の安い変動金利で借りていらっしゃる方の場合、固定金利に借り換えすると月々の支払い額が高くなる場合もあります。金利上昇リスクに対応するために借り換えを検討される方にとっては、借り換えが得になるといえますが、月々の支払い額を下げたいという方の場合は借り換えが損に働くということになるのではないでしょうか。

さて、住宅ローンの借り換えの場合、公的融資への借り換えはできません。公的融資から民間融資、あるいは民間融資からより有利な条件の民間融資、という借り換えになります。

公的融資から民間融資へ借り換える場合のメリットはどんなことでしょうか。

公的融資(公庫やフラット35など)の場合、団体生命信用保険料は毎年保険料を個別に支払っています。民間融資へ借り換えした場合、団信の保険料は金融機関が負担してくれますので、別途保険料を支払う必要はありません。毎年の納付の手間と、団信の保険料を浮かせることができるのはメリットと言えるでしょう。

スポンサード リンク
?住宅ローンコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.