住宅ローン

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

選択肢の豊富さ

一時期は住宅ローンといえば公庫、といわれるほど不動産市場に浸透し、日本の住宅ローンを牽引してきた住宅金融公庫は平成19年4月、その歴史を閉じました。

人々の中で住宅ローンとして定着していた公庫に成り代わるべく、昨今の住宅ローン商品はまさに百花繚乱の呈を要しています。おそらく住宅ローンの歴史の中で近年ほど個人融資である住宅ローン商品が充実したことはありません。これは、個人融資を軽視していた各行が住宅ローンを重要な資金源とみなすようになった、という社会情勢の変化が影響しています。

さらに統廃合の進む金融業界、消費者保護の台頭、インターネットバンクの登場といった社会の流れに合わせて、住宅ローンはますますその種類を豊富にしています。そしていまや、住宅ローンの借り手にほとんどカスタマイズできるくらいにその種類は増えているといっても過言ではないでしょう。

未だかつてない住宅ローンの豊富さ、審査の柔軟さは、不動産購入者に自分の資産の扱いについてさまざまな選択肢を提示することにつながりました。豊富過ぎる選択肢は、あるいは迷いを生み、より選択を困難にしている場合もあることでしょう。けれども自分自身について自分で考え、自分で決定したいと思われる方にとっては、昨今の住宅ローン事情は自由を謳歌させてくれる状況に他なりません。

また、インターネットを使って情報収集することで、誰もが自由に住宅ローンについて知り、考えることができるようになりました。広い選択肢、豊富な情報の中から選択できるようになったこの時代こそ、住宅ローンは借り時といえるのではないでしょうか

ちなみにどのくらい種類が豊富なのか、一般的な住宅ローンをいくつか列挙してみました。

  • 公庫亡き後、唯一残る公的融資である財形住宅融資
  • 公的融資の色を残す、すまい・るパッケージ
  • 新生住宅ローン、フラット35
  • 民間融資、実店舗を持たないインターネットバンク提供の住宅ローン
  • 民間融資、都銀、地銀、農協、信用金庫から保険会社まで取り扱い窓口は会社の数だけ増えています
  • 勤務先から融資を受ける、社内融資

今後は住宅ローンに新規事業者が参入し、さらに選択肢がふえることもあるかもしれませんね。

スポンサード リンク
?住宅ローンコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.