住宅ローン

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

購入物件の豊富さ

住宅ローンの借り時は、すなわち不動産の買い時とも考えられます。住宅ローンの借りやすさは、すなわちあこがれのマイホームの実現しやすさでしょう。

けれども、建材費用の高騰、開発され尽くされた感のある宅地造成といった社会情勢から、今後はマンション、戸建ともに新築物件の数が減っていくだろうといわれています。また、今までのような新築物件が売り出されたとしても、価格付けは割高になり、手の届きにくいものとなることが予想されています。

資金準備が容易になっても、そもそも購入できる物件数が少なくなっては夢の実現どころではない、と思われるかもしれません。

さて、市場に流通する物件数は本当に減っているのでしょうか。

たしかに新築物件の数は減りつつあるように感じます。しかし、中古物件の市場はますます規模を広げているといえるでしょう。これまで市場にストックされた不動産が、団塊世代の退職や世代間交代に合わせて中古としてますますたくさん流通しはじめることも予想されます。

壊しては新しく作る、という考え方だった日本の不動産市場が、本格的に中古物件市場に生まれ変わろうとしているのです。政策的にも、不動産の中古市場形成を後押しする気配が強く感じられるようになりました。

また、中古市場の台頭に合わせて、リフォームを加えて不動産の価値を変化させるリノベーション物件という新しい物件が生まれています。さらに、借地借家法の改正、整備に合わせて、定期借地、定期借家物件という新しい不動産の形が定着しつつあります。

これは購入=所有権という概念を打ち壊した物件です。もちろん、定期借地、定期借家物件に対応する住宅ローンも合わせて登場しています。

今までにない不動産市場、今までにない物件種別の増加。購入物件の種類はむしろ豊富になっているといえるのではないでしょうか。

これまでとは異なる不動産は、これまで不動産購入を考えてこなかった人たちの需要を掘り起こしました。ほしいと思った物件が見つかったとき、それは買い時です。そして、不動産の買い時とはすなわち住宅ローンの借り時ではないでしょうか。

スポンサード リンク
?住宅ローンコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.