住宅ローン

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

融資特約(ゆうしとくやく)

融資特約とは、金融機関やローン会社からの融資を前提としてなされた売買契約についてその融資が不成立となったとき契約を白紙撤回できる条項を契約書に記載することを指します。 

不動産の購入には多額の資金が必要とされ一部富裕層を除けば金融機関やローン会社の融資を受ける人のほうが圧倒的多数となっており、融資が不成立に終われば当然のことに不動産の購入は不可能になってしまいます。

融資申込みの際に売買契約書が必要とされ売買契約の後に融資申し込みに対する審査が行われるため売買契約の締結時点ではあくまでも融資が受けられることを前提として契約が締結されます。もしこの融資特約を契約書の条項に盛り込まなければ融資が不成立に終わった場合、買主は契約の際に支払った手付金を放棄して契約の解除を申し入れなければなりません。つまり物件価格の2割を超えない一定額である手付金を一瞬にして失うことになるのです。

融資特約が条項に盛り込まれている場合、融資不成立による契約解除の申し入れがあれば買主が既に支払った手付金などの金銭については無利息で売主から返還され、買主は大金を失わずに済みます。金融機関によっては団体信用生命保険の加入が認められることを融資の条件とするなど様々な条件が付されており、思いもかけず融資不成立となることあるため、最近では万が一に備え売買契約に融資特約の条項を盛り込む契約が一般的となっています。

しかし融資不成立の捉え方も様々で例えば希望する金利での融資は不可能であるが少し金利を上げれば融資が可能であるとされたとき、今後何十年にも亘る返済を考慮すれば金利の差が大きな障害になるという判断で融資を受けない決定をした場合は融資不成立となるのかという問題もあり、契約条項に盛り込む際融資の申し込み先・融資額・借入れ期間のほかに金利の条件についても記載する必要があり、金利の記載があれば希望の金利条件が満たされないことで融資特約による契約の解除が可能になります。

スポンサード リンク
?住宅ローンコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.