住宅ローン

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

火災保険(かさいほけん)

火災保険とは、火災やその他災害などにより建物や家財に生じた損害を補償する事を目的とした保険を指します。

対象とされる建物の形態によって住宅・一般・工場・倉庫などに分類されそれぞれに補償の範囲や補償内容などが異なっています。また保険会社によって分類名称が違いますが通常、住宅では住宅火災保険・住宅総合保険・団地(マンション)保険・特約火災保険或いは家財のみを対象とする家財保険、一般では店舗総合保険・普通火災保険などが代表的なものとなっています。

住宅火災保険の補償内容は基本的に失火やもらい火を原因とする火災による損害、落雷による損害、ガス爆発など破裂や爆発による損害、風災・ひょう災・雪災による窓ガラスや屋根の破損などの損害を補償するものとなっています。

住宅総合保険では多くの商品が前記の損害以外に自動車の飛び込みなどの飛来・落下・衝突による損害、給排水設備に生じた事故などを原因とする水ぬれによる損害、騒じょう・労働争議などの暴行・破壊による損害、台風や集中豪雨による川の氾濫などの水害による損害などを補償しているようです。

ただ保険商品の補償内容についてはそれぞれの保険会社で独自の設計をし保険料を決めているため保険名称での明確な線引きはできないのが現実ですが、補償範囲を広くしたものや各種特約が多いものは当然保険料が高くなります。

保険料は建物の構造、特約の選択、補償期間、建物の面積などによって決定され、建物の構造では火災の燃焼危険や損傷危険の度合いが建築材料によって異なることからこの主要構造部分の建築素材によって等級が定められています。保険料が安い順は鉄筋コンクリート造、耐火被覆鉄骨、鉄骨造、木骨造となりますが、外壁の材料についても細分化されています。

住宅ローン融資を受けるにあたっては多くの金融機関が火災保険に加入することを条件にしており、その期間は住宅ローンの借入期間と同じ保険期間(中には借入期間より長い保険期間を求められることもあります)であることが要求され、加入した火災保険には金融機関の質権が設定されます。金融機関が提示する補償内容さえ充足させれば保険会社やその他の補償内容については自分自身で決定することができます。

スポンサード リンク
?住宅ローンコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.