住宅ローン

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

借入期間(かりいれきかん)

借入期間とは、金融機関やローン会社などからの融資を完済しますと約束する期間を指します。 

融資期間 (借入期間) は1年~35年以内の1ヶ月きざみ或いは1年きざみで設定されているものが殆どですが、融資を受けるにあたって借入期間と金利タイプの選択には慎重な検討が必要とされます。返済に無理がなければ借入期間を短くすることで支払総額を少なくすることができ、金融機関や商品によっては借入期間の短い商品ほど低い金利設定がされているものもあります。

例えば某銀行の全期間固定金利ローンでは借入期間10年超15年以内なら年2.70%、15年超20年以内なら年3.10%、20年超35年以内なら3.70%などその金利差は毎月の返済額に大きく影響を及ぼします。ただ融資を受ける時点では返済が十分可能であってもライフスタイルの変化や経済情勢の悪化などで返済が大きな負担にならないとも限らず、借入期間が短い融資の場合期間延長などの対応が難しくなります。短期間で返済するつもりなら当初借入額を最小限に抑えるなどの策を講じておくべきでしょう。

一方借入期間を長期に設定する場合は毎月の返済金額を低く抑えることができるので、毎月の返済が生活を圧迫する虞は少なく余剰資金が生まれれば繰り上げ返済などで当初の借入期間より短い期間で完済を目指すこともできます。しかし選択する金利プランによっては高めの金利が適用される可能性もあり、勤労収入が無くなってしまう定年後にもローン返済を続けなければならないという不安を抱えることも考えられ、長期借入期間を選択する人には返済の負担が重くない状態でいかに将来設計をするかの自己管理能力が問われるといえるでしょう。

例えて言えば、短期借入期間を選択する人は急峻な山を一気に駆け上がり360度のパノラマを楽しむ、長期借入期間を選択する人はなだらかな丘をピクニック気分で登りゆっくり周囲の景色を楽しむ、でしょうか。

スポンサード リンク
?住宅ローンコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.