住宅ローン

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ボーナス返済(ぼーなすへんさい)

ボーナス返済とは、住宅ローンの返済方法で毎月返済に加えてボーナス支給月に別途割増して返済する方法を指します。 

ボーナス時併用返済ともよび多くの金融機関では融資額の40~50%以内でボーナス時返済を認めており、ボーナス月に返済額を増やせるため同じ融資額を同じ期間返済する場合の月々の返済額を減らすことができます。

しかし住宅ローンのように長期に亘り返済が続く融資でボーナス時併用返済に依存しすぎると景気や企業業績によって、ボーナスのカットや極端な場合はボーナスがなくなることもあり返済計画そのものが崩壊しないとも限りません。また近年のように雇用情勢が不安定な状態ではいつリストラに遭うかもわからず、幸いに就職できても住宅ローン融資を受けた当初と同程度のボーナスを期待することは多くの場合できません。そうなった場合ボーナス時の返済は出来なくなってしまい、それ以前に毎月の返済すら覚束なくなります。

現在の給料やボーナスのレベルひいては企業の存在、業績が将来に亘って約束されているわけではないため、基本的に住宅ローンの返済は毎月の家計支出内で賄える範囲に抑えるべきです。また住宅ローン融資をうけマイホームを取得した場合、毎年の固定資産税や維持費も多くなり、公務員や大企業などボーナスが安定的に支給される職場を除けば、ボーナス時併用返済の方法を選択することには大きなリスクが伴うことを認識しておくべきでしょう。

定年の定められている職場で返済完了がその定年以降になる住宅ローン融資を受けている場合は、毎月の給料やボーナスの収入がなくなるにも拘わらず返済は続き、住宅ローンの返済が生活に重くのしかかります。そのため退職金などを利用した繰上げ返済で定年前の完済を目指し定年後の経済基盤を安定させる必要があります。

スポンサード リンク
?住宅ローンコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.