住宅ローン

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

完済年齢(かんさいねんれい)

完済年齢とは、住宅ローンなどの融資を受ける時点の年齢に借入期間を加え金融機関に対する債務が消滅する年齢を指します。 

住宅ローンでは殆どの金融機関が完済年齢を80歳としているため、借入期間35年を確保するためには45歳までに住宅ローン融資を受ける必要があり、同額の融資を受ける場合45歳を超えるとその年齢に応じて借入期間が短くなります。

全期間固定型なら借入期間に応じて金利が異なり期間が短ければ短いほど金利が低く、返済総額自体は減少しますが分母となる返済月数が小さくなるため月々の返済額は大きくなります。例えば50歳で融資を受けると30年間で、55歳では25年間で返済を終えなければなりません。

また、申込年齢の上限を70歳としている金融機関が多いとはいえ、70歳で借入れの申込みをして団体信用生命保険に加入できるかという問題もあり、なおかつ返済期間は10年しかないため融資額の減額や融資そのものを断られる可能性のほうが遥かに高いと思われます。

しかも住宅ローン融資を必要とする富裕層でも資産家でもない一般庶民に80歳まで住宅ローンの返済を続けることができるほどの安定した収入が見込めるとは思えません。年金が唯一の収入となる定年後に住宅ローンの負担は大きすぎ、終の棲家として手に入れたマイホームを手放さなければならない事態も考えられるため住宅ローンの返済期間を定年までと設定している人が多くなっています。

ただ昨今の経済情勢では企業の存続すら危ういものとなっており、定年まで雇用が継続されるという保証はなく、返済期間を短く設定せざるを得なかった高年齢の人が、退職金で繰上げ返済を予定していても退職金が絶対手に入るわけではないという覚悟も必要でしょう。

あてにならない将来の収入に依存することなくまず手元資金を着実に増やし、可能な限り借入額を低く抑えた健全な家計運営を心がけることが一番大切です。なお、その他のローンでは住宅ローンより申込み年齢や完済年齢の上限を低めに設定している金融機関が多くなっています。

スポンサード リンク
?住宅ローンコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.