住宅ローン

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

事故記録(じこきろく)

事故記録とは、金融機関の融資を受け返済が一定期間以上滞るなど契約に違反した事実が個人信用情報機関に記録として残されるものを指します。 

債務整理、調停、破産、保証会社の代位弁済実行、強制回収手続の執行などがあったときも記録として残され、事故情報とも呼ばれます。

割賦販売等のクレジット事業を営む企業や貸金業・クレジット事業・リース事業・保証事業・金融機関事業等の与信事業を含む企業或いは、銀行など金融機関とその関係会社などがクレジットや保証或いは融資などの可否を判断するために用いるための情報で、俗にブラックリストといわれていますが特別に注意を要する人物の記録だけをリストアップしたものは存在するわけではなく、一つのデータに延滞状況など様々なことが書き加えられるためにデータそのものが黒く見えることからブラックと呼ばれるのだと穿った解釈もされています。

逆に借入から完済まで何事もない場合はブラックと比べて最初の記録以外に何も書き加えられないため黒が入らない意味でホワイトと呼ばれているようです。

また支払日に銀行口座の残高が不足し引落しできないからといってすぐに事故扱いになるわけではなく、金融機関との契約で規定された日時までに口座に入金すれば問題はありません。ただ入金遅延が度重なると事故扱いになり向こう5年間は事故記録として残ります。また個人情報機関によって異なりますが一般的に公的な破産宣告などの情報は7年~10年間記録として残され、当該年数が過ぎると記録は自動的に消去されるようになっています。

返済ができないわけではないうっかりミスであっても延滞は延滞として記録されることになりますので口座残高の確認は欠かさないようにしたいものです。

スポンサード リンク
?住宅ローンコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.