住宅ローン

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

団体信用生命保険(だんたいしんようせいめいほけん)

団体信用生命保険とは、通常「団信」と呼ばれ金融機関を契約者とし、住宅ローンなどローン利用者を被保険者とする保険契約を指します。 

ローン利用者をまとめて申し込むことで保険料や掛け金を低く抑えることのできる生命保険でローンの返済中に死亡・高度障害になった場合、債務者に代わって生命保険会社がローンの残債分の保険金を契約者である金融機関に支払い債務を消滅させます。

民間金融機関では基本的に「団信」加入が住宅ローン融資の条件とされ健康上問題があって「団信」加入ができない場合、住宅ローン融資そのものが受けられなくなります。

住宅金融支援機構の「フラット35」は団体信用生命保険への加入が任意となっているため既往症や持病の関係で団体信用生命保険に加入できない人でも融資を受けることは可能です。しかし、借主にもしものこと(死亡・高度障害)があったときの保障がなく住宅ローンの返済負担は遺族に遺されますので借入には慎重さが求められます。

また最近では一般的な「団信」の他に「団信(三大疾病保障特約付)」などがあり、いわゆる三大疾病の診断給付金によって残債を消滅させることができます。また金融機関によっては一般的な「団信」より加入条件を緩和し金利を一定割合アップさせた「特別保険料徴収型団体信用生命保険」に加入することで融資を可能にしているところもあります。

民間の金融機関では「団信」「団信(三大疾病保障特約付)」の保険料として一定率(0.3%としているところが多いようです)を上乗せし融資金利を設定しています。住宅金融支援機構の「機構団信」「三大疾病付機構団信」に任意加入した場合は保険料ではなく特約料と呼び金利に上乗せする方法ではなく、年1回の指定期日に住宅ローン返済金と同一の振替口座から振り替えられ、ローン残高の減少によって必要保障額が少なくなるため特約料も減少していきます。

また、通常生命保険契約をしたとき契約者に送付される保険証券は金融機関或いは住宅金融支援機構が契約者となり一括で契約するため債務者個別の保険証券はなく、住宅金融支援機構では加入者票という加入内容を確認できる書類を債務者に送付してします。

スポンサード リンク
?住宅ローンコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.