住宅ローン

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

返済比率(へんさいひりつ)

返済比率とは、融資を受ける住宅ローンやカーローンなどの1年間の返済総額が年収に占める割合を指します。 

年収500万円の人がローンの支払に年間100万円を必要とする例では100万円÷500万円×100=20と計算され、返済比率は20%となりますがこの返済比率に用いられる年収には所得税や住民税、社会保険料等が含まれたものであるため、所得で計算すればはるかにその率は高くなります。

前述の年収500万円の人の年収での返済比率は確かに20%ですが500万円から100万円近くが所得税や社会保険料などとして控除され、所得としての420万円で計算すれば一挙に24%となります。返済がなければ平均して月々35万円で生活できるところを返済が始まった瞬間から月々27万円で生活を維持しなければならなくなり、しかも固定資産税や都市計画税、あるいはマンションであれば管理費や修繕積立金などの費用が余分にかかり、500万円の年収があっても住宅ローンの返済は大きな負担となります。

年収が500万円より大幅に低い場合は余程借入の額を少なくしない限り、生活資金が圧迫され返済不能に陥る可能性が高くなります。一般に返済比率を25%までに抑えれば大丈夫だとされていますが、年収が少なければ少ないだけその25%の重みは大きくなります。

一方年収が多ければ返済比率が25%を超えても返済額が家計を圧迫する度合いは小さくなります。住宅ローンを申し込むと金融機関では申込者の年収に対してそれぞれの金融機関が定めた所定の返済比率を超えないかどうかを判断し、もし所定の返済比率を超える場合には減額しての融資や、融資申し込みそのものを拒否することもあります。

スポンサード リンク
?住宅ローンコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.