住宅ローン

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

融資金額(ゆうしきんがく)

融資金額とは、法人・個人を問わず資金需要者に対し返済能力や担保力などを判断し金融機関が貸し出しを行う金額を指します。 

事業用の運転資金、事業用の資産購入・住宅購入・自動車購入・教育・生活資金・借入返済資金・高額商品購入などに利用するために受ける融資の額で消費者金融会社から借入れる1万円単位の融資から事業用の数億円に上る融資までその額は様々です。

融資は消費者金融会社・クレジット会社・信用組合・信用金庫・銀行・JA・日本政策金融公庫、制度融資を実施している自治体・財形公的融資制度などで行っています。

自治体が行う融資の対象は地方色を反映したものも多く、北海道の札幌市や深川市、網走市では融雪施設設置融資として市税を滞納していない市民に対して上限を定めた一定額の無利子による融資を斡旋しています。他にも地域の中小企業を対象とした融資制度を多くの自治体が設けておりいずれも自治体が保証料の一部を補助するなど融資を受けやすいような考慮がされており、融資の条件や金利、返済方法、融資金額の上限、保証人や担保の必要性など融資先や融資制度によって大きく異なります。

また融資金額が大きくなれば保証人・連帯保証人・担保物件などが求められ一般的な住宅ローンでは融資対象となる住宅・土地に対する抵当権が設定されます。一方消費者金融の融資では融資金額が少なく金利も高いため所有する不動産に抵当権が設定されることはまずあり得ません。もし抵当権の設定が可能である不動産を所有している場合なら金利の高い消費者金融を利用する必然性はなく、より低い金利で融資金額も多く使途が限定されていない不動産担保ローンも選択肢の一つです。

スポンサード リンク
?住宅ローンコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.