住宅ローン

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

店頭金利と優遇金利(てんとうきんりとゆうぐうきんり)

店頭金利とは、金融機関が市場の金利を参考に独自に設定する預金やローンの利率の基準となるもので店頭基準金利などとも呼ばれるものを指します。 

金融機関では頻繁にこの店頭金利の見直しを行っており金融機関によって金利には多少の差はあるもののその範囲は小さなものに止まっています。この店頭金利が融資を受ける住宅ローンなどにそのまま適用されることは少なく、全期間固定型を除く変動金利型や固定期間選択型(固定金利特約型)では様々な方法で優遇金利が適用されています。

この優遇金利は、金融機関が定めた一定の条件を満たした場合一定期間または全期間など決められた期間の金利が店頭金利から一定の割合引き下げられることで、多くの金融機関で導入され、固定期間選択型(固定金利特約型)に適用されることの多い当初期間優遇タイプ、また変動金利型や固定期間選択型(固定金利特約型)に多く適用される全期間一律優遇タイプなどがあります。

当初期間優遇タイプは選択した金利固定期間中にのみ優遇金利が適用され固定期間が終了すればその時点の店頭金利で更新するか、変動金利型に変更することになり一般的に更新後・変更後の金利に対して優遇金利は適用されません。

全期間一律優遇タイプは借入から返済終了までの全期間に亘って優遇金利が適用されるものですが、当初期間優遇タイプと比較すればその優遇金利幅は小さくなっています。

また、優遇金利の適用条件を設けず一律に優遇金利を適用する金融機関や、適用の条件として一定額以上の給与振込の利用・公共料金自動振替の複数利用・カードローン契約・公的年金の振込利用・税込年収と勤続年数が一定以上・他金融機関で利用中の住宅ローン借り換え・未成年の子供が二人以上・エコ住宅の利用やバリアフリー仕様の新築、購入などを組合せている金融機関があり、珍しいものでは1年以上の「無事故無違反証明書」か「SDカード」を保有していることというのがあります。

スポンサード リンク
?住宅ローンコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.