住宅ローン

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

元利均等返済(がんりきんとうへんさい)

元利均等返済とは、返済額が返済開始から終了まで一定額で継続する返済方法を指します。

毎月の返済額は元金と利息の合計となっており、借入当初の返済額のうち元金部分の占める割合は小さく返済額の殆どは利息が占め、返済期間が経過するに従い返済金額に占める元金と利息の割合が変化し徐々に元金の占める割合が大きくなります。

もう一つの返済方法である元金均等返済では返済期間中の元金額は一定で借入当初は利息分との合計が返済額とされるため元利均等返済と比べて返済額がかなり大きくなりますが、借入から何年間か頑張れば次第に返済額が減少して返済が楽になり将来の返済額を減らしたい人に向いているかもしれません。

また元金の減少スピードは元金均等返済の方が元利均等返済より早いため返済総額、すなわち負担する利息の額は少なくて済みます。ただ利息軽減のためだけに元金均等返済を選択しても返済に行き詰ってしまったら元も子もありません。

返済が一定額で継続する元利均等返済を選択し元金均等返済を選択した場合との差額分を教育費などの負担が余り多くない時期に自己資金として残し、ある程度まとまった金額になれば繰上げ返済などで将来の利息軽減を図ることも十分可能です。住宅ローンは長期に亘って返済が必要な高額の借金であり、息切れしない堅実な返済を継続するためには返済方法のメリット・デメリット或いは繰上げ返済などのシステムに対する十分な知識が必要とされます。

スポンサード リンク
?住宅ローンコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.