住宅ローン

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

50年ローン(50ねんろーん)

50年ローンとは、従来最長であった住宅ローンの返済期間35年を50年と大幅に返済期間を長くしたローンを指します。 

住宅金融支援機構の「フラット50」や民間金融機関の「50年住宅ローン」があり、「フラット50」は50年間金利変動の影響を受けることのない全期間固定型となっています。民間の「50年住宅ローン」には全期間固定型のものはなく変動金利型と10年以下の固定金利選択型が用いられ、金利変動のリスクは借入側が負うことになります。

「フラット50」は全期間固定の金利を採用するため金利変動の影響は50年間に亘って機構に及びます。そのため融資の対象となる住宅は長期優良住宅の認定が必要とされ、住宅の耐久性などについても機構が定めた技術基準に適合していることなどが条件になっています。また建設費または購入費の60%までしか融資を受けることができないため、不足分は他のローンで補うか自己資金を準備しなければなりません。

一方民間の「50年住宅ローン」はローンの借換えには利用できませんが、住宅金融支援機構が条件としている長期優良住宅であることは条件とされておらず単なる住宅購入、建築(建替え・増改築)資金として融資する金融機関が多いようです。ただ保証会社に支払う保証料や返済期間に応じた火災保険料については返済期間が長くなる分高くなりますので余裕のある自己資金準備が必要とされます。

「フラット50」、「50年住宅ローン」いずれも融資期間は36年以上50年以内となっており、最終返済時80歳以内(機構では80歳未満)であることが必要とされています。従って返済期間最短の36年後に80歳に到達する45歳未満(機構では44歳未満としています)の人でないと融資を受けることはできず、繰り上げ返済などを行わなければ20歳で借入れた場合の返済完了は70歳になります。

毎月返済額が少ないとはいえ従来の35年ローンとの差は大きなメリットとなる程のものではないため定年を過ぎて収入が激減してからも支払ができるのかという疑問が残ります。

スポンサード リンク
?住宅ローンコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.