住宅ローン

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

100%融資住宅ローン(100%ゆうしじゅうたくろーん)

100%融資住宅ローンとは、 住宅金融支援機構の「フラット35(保証型)」のように建設費または購入価額の100%(金融機関によって上限は異なります)まで融資するもの、或いは民間金融機関で住宅ローン申込み時の手付金が不要とされている住宅ローンを指します。 

民間金融機関の100%融資住宅ローンには担保評価額の100%を限度として融資するものや、土地・建物の取得費用や取得に際して発生する諸費用までを含んだ所要資金の最大100%までを融資するものがあり後者の場合言い換えれば住宅ローンと諸費用ローンを合体させたローンで、融資額は担保評価額を大きく超えてしまいます。

全国保証株式会社が抵当権第1順位専用の有担保商品としている「住まいるいちばんプラス」がその代表的なもので多くの金融機関が扱っていますが、利用できる人の条件を<1st stage > <2nd stage> <3rd stage>の3段階に区別しています。

<1st stage > は給与所得者限定で現勤務先に5年以上勤務し年収(所得)が500万円以上(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県に勤務または居住している場合は600万円以上)ある人が対象とされ、<2nd stage> は給与所得者、個人事業主、法人役員、親族経営法人勤務者のうち現勤務先に2年以上勤務している人、その他は3年以上かつ通年決算3期以上が対象で、年収が100万円以上あること、ただし個人事業主は所得が100万円以上とされています。また、<3rd stage>は現勤務先に最低1年以上勤務している人、その他は最低2年以上かつ通年決算2期以上が対象で年収・所得については<2nd stage> と同様とされ、<1st stage > <2nd stage> <3rd stage>全てに共通するのは申込時と借入時の年齢が満20歳以上満65歳未満で完済時満80歳未満であること、団体信用生命保険に加入が認められること、全国保証株式会社の保証が受けられること、安定した収入が継続して得られる職業・職種の人となっています。

保証料は<1st stage > <2nd stage> <3rd stage>の順に高くなっており、保証会社担保評価額の100%までは通常保証料ですが100%を超える融資額については超過保証料として大幅にアップした保証料が必要となります。

ちなみにその保証料は<1st stage >の場合100万円あたり期間10年で通常6.352円・超過23.823円、15年通常8.970円・超過33.641円、25年通常13.527円・超過50.729円、35年通常17.102円・超過64.134円で通常保証料の4倍弱の設定がされています。<2nd stage>の場合はその差ははるかに大きく10年通常7.941円・超過39.705円、20年通常14.211円・超過71.059円、35年通常21.378円・超過103.891円と5倍の設定となっています。なお<3rd stage>については保証会社担保評価額の100%を超える融資はありません。

スポンサード リンク
?住宅ローンコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.