住宅ローン

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

事前審査(じぜんしんさ)

事前審査とは、住宅ローンなど融資を受けようとする人がローンの承諾を得ることができるかどうかが不安な場合、正式な申込の前に金融機関が行うローン審査を指します。 

あくまでも融資を受けることができるかどうかを打診するもので、金融機関が勤務先、勤務形態、業種、勤続年数、返済比率、他の借入れやその返済履歴などを判断材料として審査します。

大企業、中小企業、公務員など勤務先によって延滞率に差があることから企業の規模も審査項目に含まれ、従来は正社員でなければ融資を受けることはかなり困難でしたが、近年は派遣社員や契約社員であっても定期的な収入があれば融資を受けることができる商品も多くありますが、若干金利を高めに設定するなどリスクに対する対応はされています。逆に言えば派遣社員や契約社員を対象から外すと金融機関としてはお客さんがいなくなってしまうほどわが国の雇用情勢や雇用形態が大きな変化を遂げているといえます。

また金融機関によってその基準は様々となっていますが、年収に対する住宅ローンや他の借入れの返済額の割合である返済比率が一定率を超えないことが必要とされ、住宅金融支援機構の「フラット35」では年収400万円未満で30%以内、400万円以上で35%以内とされ、年収の段階をもっと細分しそれぞれの返済比率を定めている金融機関が多いようです。

ただこの返済比率については公表していないところもあり返済比率が原因で事前承認がうけられない場合でも当該金融機関がその返済比率を示すことはありません。また金融機関が事前審査に用いる金利は全期間固定型ではその金利で、変動金利型では将来の金利上昇を見込み店頭金利より高い審査金利と呼ばれる金利で計算することが多いようです。

金融機関から事前承認を受けることができれば正式申込となり信用保証会社の本審査が行われます。ただし、事前承認を受けた後にカードローンや消費者金融を利用すると事前審査申込書と正式申込書とに相違があるため事前承認が取り消され正式申込ができなくなることもあるため注意が必要です。

スポンサード リンク
?住宅ローンコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.