住宅ローン

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

本申し込み(ほんもうしこみ)

本申し込みとは、ローン申込にかかる事前審査を受け金融機関からの事前承認を得ることができた場合に行う申込みを指します。 

金融機関の事前承認を得て本申込までの間に、転職による収入の変化など事前審査を受けるための書類に記載された内容と違う事実が生じた場合本申込はできず、新しい事実で新たに事前審査を受ける必要があります。

事前承認を得ておりまた事前審査時の状態から何の変化もない場合であっても事前承認はあくまでも融資の打診であり事前承認があって本申込を行えば無条件で借入れの承諾が得られるわけではないことを認識しておく必要があります。

本申込を行うと信用保証会社による本審査に入りますが、この本審査は事前審査よりも厳しく行われます。万一返済不能など債務不履行が発生すれば当該住宅ローンの残り債権を保証会社が金融機関から買い取り、保証対象となった物件に設定した抵当権を用い競売手続きなどの手間をかけて資金を回収する必要があるため必然的に厳しい審査となります。

一方金融機関は債務不履行があれば信用保証会社から残債が填補され、債務者に万一のことがあれば債務者が加入した団体信用生命保険の保険金で残債が填補され、物件に火災保険の対象となる保険事故が生じれば債務者が加入した火災保険の保険金で残債が填補されます。

金融機関にとっては保証会社の本審査で承諾を得ることが可能である融資なら、いかなるリスクも負うことはないのです。融資の可否は本審査によって決定されることからも金融機関の事前審査の結果は融資を約束するものではないこと、また<本申込が出来ること>=<融資が受けられること>では決してないことを念頭においておく必要があります。

スポンサード リンク
?住宅ローンコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.