住宅ローン

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

一括返済(いっかつへんさい)

一括返済とは、住宅ローンなどの借入金を返済計画表に基づいて毎月支払う方法ではなく借入金の残り全額を一度に返済することを指します。 

自らの意思で行う一括返済としては買い換えローンや借り換えローンを利用するとき、遺産相続や満期保険金などまとまった金額が手に入った場合に行う一括返済、また定年を過ぎて収入額が激減することが予想されるため将来の経済基盤の安定のために退職金の一部を充てて行う全額繰り上げ返済なども一括返済に含まれます。しかし自らの意思でなくても行わなければならない一括返済があります。

住宅ローンなどで返済の滞納が続くと金融機関から債務者の期限の利益を喪失し一括返済が求められるのがそれに該当し、一括返済が行われない場合は保証会社へ代位弁済を請求する旨の通知があります。この一括返済は残債の一括返済という意味であって延滞分の一括返済を求めたものではないため、延滞分だけをまとめて支払っても金融機関の意図する一括返済にはあたらず、金融機関は容赦なく代位弁済の手続を進めることになります。

ちなみに期限の利益は、期限は債務者の利益のために定めたものと推定する(民法第136条)に基づくもので期限が到来するまでは債務の履行を求めないすなわち毎月の約定日までは支払う必要はなく催促もされないという債務者側の権利です。一方、次に掲げる場合には債務者は期限の利益を主張することができない、1.債務者が破産手続開始の決定を受けたとき、2.債務者が担保を滅失させ、損傷させ又は減少させたとき、3.債務者が担保を供する義務を負う場合においてこれを供しないとき(民法第137条)に基づくのが期限の利益の喪失でいつ返済できるか分からない債務者の都合に合わせて待っているわけにはいかない金融機関など債権者側の権利といえます。

スポンサード リンク
?住宅ローンコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.