住宅ローン

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

接道義務と私道負担(せつどうぎむとしどうふたん)

接道義務とは、建築物の敷地は幅員4m以上の道路に2m以上接する必要がある義務を指します。 

この接道義務を満たしていない土地には住宅などの建築物を建てることはできませんが、その敷地の周囲に広い空地を有する建築物その他国土交通省で定める基準に適合する建築物で、特定行政庁が交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めて建築審査会の同意を得て許可したものについてはこの限りでないとされ、接道義務のある道路には、1.自動車のみの交通の用に供する道路、2.高架の道路その他の道路であって自動車の沿道への出入りができない構造のもの(特定高架道路等)として政令で定める基準に該当するもので、地区計画の区域内のものなどは含まれません。

また建築基準法の規定が適用されるに至った際現に建築物が立ち並んでいる幅員4m未満の道で、特定行政庁の指定したものは道路とみなしその中心線からの水平距離2mの線がその道路の境界線とみなされます。これをセットバックとよび道路の境界線を後退させるため自分の敷地であっても建物を建築することはできず、建ぺい率、容積率の基本になる敷地面積に含めることもできません。 

私道負担とは、土地や一戸建てで敷地の前面道路が私道である場合売買に関してその私道に関して何らかの負担があることを指します。 道路の幅員を確保するために道路の境界線を後退(セットバック)させた敷地部分も私道に含まれます。

一般的には売買対象となる土地の一部として私道が含まれるか否かで表され、単独所有の私道の場合は私道負担△△㎡などとその面積が表示され、周辺の所有者と共有の場合は私道△△㎡持分○分の1といった私道全体の面積と持分比率が表示されます。また、売買面積に含まれない場合でも一定額の通行料などの名目で負担する私道負担もあります。

スポンサード リンク
?住宅ローンコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.