住宅ローン

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

壁芯面積(かべしん・へきしんめんせき)

壁芯面積とは、建物の壁或いは柱の中心線で囲まれた部分の面積を指します。 

建物の床面積を計算するのに用いられる方法の一つで、隣室や外部と接する壁、柱などの構造部材によって、1.鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造等の建築物の場合鉄筋コンクリートの躯体、PC板(プレキャストコンクリート)等の中心線、2.鉄骨造の建築物では、イ.金属板、石綿スレート、石膏ボード等の薄い材料を張った壁の場合胴縁等の中心線、ロ.イ以外の場合PC板(プレキャストコンクリート)、ALV板(高温高圧蒸気養生された軽量気泡コンクリート板)等の中心線、3.組積造又は補強コンクリートブロック造の建築物の場合コンクリートブロック、石、レンガ等の主要な構造部材の中心線、4.木造の建築物の場合、イ.軸組工法の場合柱の中心線、ロ.枠組壁工法の場合壁を構成する枠組材の中心線とすることが、特定行政庁建築主務部長にあてた住宅局建築指導課長通知(昭和61年4月30日付建設省住指発第115号)の床面積の算定方法において定められており、それぞれを結ぶ線で囲まれた部分の面積を計算したものが床面積とされます。

また、マンションなど区分建物の販売に際してよく見かける専有面積はこの壁芯面積が表記されており、登記に用いられる数値とは異なります。登記に際しては一方の壁の内側から他の一方の壁の内側までの内法で算出された内法面積が用いられるため構造部材の中心線までの長さに対応する面積を減じた数値となります。

スポンサード リンク
?住宅ローンコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.