住宅ローン

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

完了検査(かんりょうけんさ)

完了検査とは、建物が完成したときその建物が適切な工事監理の下で建てられ建築基準法及び関係法令に適合したものであるかどうかを確認する検査を指します。 

建築物の安全性・快適性を確保するために建物を建てるときには工事に着手する前に建築確認を受けますが、これは建築計画の検証であり実際に建てられた建築物の安全性・快適性を保証するものでないため、建築基準法では工事完了後4日以内に建築主事或いは指定確認検査機関に完了検査申請を行うことを義務付けています。

完了検査申請が行われた場合建築主事或いは指定確認検査機関は申請の受理或いは検査の引き受けから7日以内に当該工事に係る建築物及びその敷地が建築基準関係規定に適合しているかどうかを検査し、適合していることを認めたときは国土交通省令で定めるところにより当該建築物の建築主に対して検査済証を交付します。

なお、特定行政庁(申請が受理された後においては建築主事)が安全上、防火上及び避難上支障がないと認めて仮使用の承認をしたときなどを除けば、原則として検査済証の交付を受けなければ建物を使用することはできないとされています。建築物の建築(新築・増築・改築・移転)や用途変更等を行う場合の手続の流れは、建築主が行った確認申請に基づき建築主事或いは指定確認検査機関が審査を行い建築物の所在地を管轄する消防長又は消防署長の同意を得て確認済証が交付され、工事の着工が可能となります。

しかし一定の高さ以上等の建築物については都道府県知事による構造計算審査(構造計算適合性判定)が義務付けられています。また建築基準法が定める特定工程や特定行政庁がその地方の建築物の建築の動向又は工事に関する状況その他の事情を勘案して、区域、期間又は建築物の構造、用途若しくは規模を限って指定する工程を含む建築物については当該特定工程に係る工事を終えた都度、建築主事或いは指定確認検査機関による中間検査を受け中間検査合格証の交付を受ける必要があります。

スポンサード リンク
?住宅ローンコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.