住宅ローン

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

フラット35とは

長らく日本の住宅ローンをリードしてきた住宅金融公庫は、平成20年現在は既に存在していません。独立行政法人化に伴い、平成19年4月からは住宅金融支援機構と名前を変えています。

名称の変更とともに融資内容も変更さ…

»詳細を見る

フラット35と公庫融資の違い

フラット35は公的融資である公庫の良さと、機動力が魅力の民間融資の良さがミックスされています。制度の概要を理解するためには公庫と比較してみると良いでしょう。

まず、安全で安心できる住宅であるということが…

»詳細を見る

フラット35のメリット

フラット35のメリットは、なんと言っても完全固定金利である点でしょう。

公庫の金利でさえ段階的に上がっていくものでしたし、低金利を利用するためには厳しい審査基準が設けられていました。フラット35では融資審査…

»詳細を見る

フラット35と保険

フラット35借り入れ時に利用する保険は、火災保険と団体生命信用保険の2つになります。

火災保険に関しては、民間融資の利用時とほぼ同じ取り扱いといえるでしょう。すなわち、借り入れ時に借り入れ期間相当数の火…

»詳細を見る

フラット35の諸経費

不動産購入時にかかる諸費用は、大きく3つに分けることができます。すなわち、税金、手数料、保険料です。

税金とは、契約書に貼る印紙代や、所有権の移転や住宅ローンの抵当権設定時にかかる登録免許税、不動産購…

»詳細を見る

門戸が広いフラット35

公的融資の代表格であった公庫の性格を色濃く引き継ぐフラット35は、民間融資に比べて非常に間口の広い住宅ローンです。審査が柔軟になってきたとはいえ、公的融資に比べると民間融資の審査基準は厳しいものと言えます。…

»詳細を見る

フラット35の金利と長期固定金利

フラット35の魅力は、なんといっても35年に渡る完全固定金利です。取り扱い機関によって金利は異なりますが、35年期間で3%前後の金利設定となっています。

では、民間金融機関では35年期間に渡る長期固定金利はないのでし…

»詳細を見る

フラット35のデメリット

フラット35にも弱点がいくつか考えられます。一概にデメリットとはいえませんが、フラット35の特徴の一つとして知っておくと、民間融資と比較検討しやすくなるのではないでしょうか。

まず、フラット35では物件購入価格…

»詳細を見る

平成20年度の制度変更内容

実際の運用や不動産市場の動向に合わせて、フラット35は年々制度内容を変化させています。セカンドハウス購入でもフラット35が利用できるようになったり、固定期間20年のフラット20が誕生したり、フラット35保証型という新商品も…

»詳細を見る

フラット35とすまい・るパッケージ

フラット35と合わせて、知っていただきたい商品にすまい・るパッケージという住宅ローン商品があります。すまい・るパッケージは、住宅金融支援機構と民間金融機関が協調して提供する住宅ローンになります。

ここで…

»詳細を見る

フラット35に向いている人

フラット35の魅力は、なんといっても35年もの長期間の固定金利が利用できることです。金利自体も民間融資と比較して、まだまだ低い金利を提示しています。

そんなフラット35を利用するのに向いているのはどんな人でしょ…

»詳細を見る
スポンサード リンク
?住宅ローンコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.