住宅ローン

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

営繕リフォーム(えいぜんりふぉーむ)

営繕リフォームとは、建築物の改築、修繕、模様替えなどのリフォームを指します。 

営繕は建築物の営造と修繕のことをいい具体的には建築物の新築、増築、修繕及び模様替えのことで、わが国では西暦701年に制定され…

»詳細を見る

建ぺい率(けんぺいりつ)

建ぺい率とは、建築物の建築面積(同一敷地内に2以上の建築物がある場合においてはその建築面積の合計)の敷地面積に対する割合を指します。 

建ぺい率を定めることにより敷地内に適度の空間が確保でき日照・通風…

»詳細を見る

建築基準法(けんちくきじゅんほう)

建築基準法とは、国民の生命、健康及び財産を守るために敷地、構造、設備、用途について建築物が備えなければならない最低の基準を定めた法律を指します。 

内務大臣がその地域・地区指定の権限を有し、道府県の…

»詳細を見る

接道義務と私道負担(せつどうぎむとしどうふたん)

接道義務とは、建築物の敷地は幅員4m以上の道路に2m以上接する必要がある義務を指します。 

この接道義務を満たしていない土地には住宅などの建築物を建てることはできませんが、その敷地の周囲に広い空地を有する建…

»詳細を見る

天空率(てんくうりつ)

天空率とは、水平面上に想定する半球の水平投影面積に占める想定半球に投影する天空面積の割合を指します。

魚眼レンズを装着したカメラで上空に向けて撮影すると円周に沿って建物の下部分が、そして建物全体が円…

»詳細を見る

内法面積(うちのりめんせき)

内法面積とは、壁その他の区画の内側線で囲まれた部分で実際に物を置くことのできる部分の面積を指します。 

内法は相対する一方の内側から他の一方の内側までの寸法とされ、容器の場合は物を入れることができる…

»詳細を見る

壁芯面積(かべしん・へきしんめんせき)

壁芯面積とは、建物の壁或いは柱の中心線で囲まれた部分の面積を指します。 

建物の床面積を計算するのに用いられる方法の一つで、隣室や外部と接する壁、柱などの構造部材によって、1.鉄筋コンクリート造、鉄骨…

»詳細を見る

容積率(ようせきりつ)

容積率とは、建築物の各階の床面積を合計した延べ面積の敷地面積に対する割合を指します。 

1.第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域内の建築物については5/10、6/10、8/10、10/10、15/10、又は20/10のうち当該地域に関する都市計…

»詳細を見る
スポンサード リンク
?住宅ローンコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.